数字で見るドッカンバトル!攻略情報まとめ

画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文 画像の説明文

【ドッカンバトル】パッシブスキルの発動タイミングによるATK上昇率の違い

time 2015/10/31

【ドッカンバトル】パッシブスキルの発動タイミングによるATK上昇率の違い

早く発動するパッシブと遅く発動するパッシブによる、ATKの上がりやすさの違いについての記事です。

1418100535

ATKを上昇させるパッシブスキルは、大きく分けて、ターン開始時に発動するものと、攻撃直前に発動するもの2種類に分けられます。

ドッカンバトルにおけるATK上昇のスキルは大抵が◯◯%upというもの、つまり掛け算で上昇していくものであるので、スキルの発動の順番は基本的に関係ありません。掛け算は掛ける順番を変えても結果は同じですからね。

ただ、そこには一部例外があります。それは、かめはめ波や戦闘民族サイヤ人などのリンクスキル、純粋悪ブウや伝説の超サイヤ人ブロリーのパッシブスキルなどの、ATK◯◯upという、足し算でATKが上昇していくスキルです。

足し算と掛け算が混ざった計算をする場合、先に足してから掛ける方が、先に掛けてから足すより大きくなりますよね。

1×52を足すとしたら、

(1+2)×5=15,  (1×5)+2=7、という具合です。

なので、純粋悪ブウなどの一部の足し算パッシブを除き、パッシブスキルは発動タイミングが遅い方が有利です

パッシブの発動タイミングは以下の通りです。

ターン開始時に発動するパッシブスキル

『ターン開始時にATK◯◯%up

HP◯◯%以上でATK◯◯%up

攻撃直前に発動するパッシブスキル

『気力メーター◯◯以上でATK◯◯%up

『必殺技発動時ATK◯◯%up

『気力玉◯◯個につきATK◯◯%up

その他の例外

伝説の超サイヤ人ブロリー

ブロリーについては少々特殊です。これ以外にも色々と特殊なので、今度の超激戦後にでも、これについては記事にしたいと思います。

ここで、超サイヤ人3悟空のパッシブ発動タイミングが攻撃直前だと仮定して、発動タイミングによるATKの違いを見ていきます。

超3悟空

リーダー、フレンド補正なし、リンクスキル全発動、必殺技レベル10において…

通常

100448

発動タイミングを攻撃直前と仮定した場合

112970  (ATK+12522)

ATK1万以上違ってきましたね。発動するタイミングが違うというだけで、これだけの差がついてしまいました。

本来あまり注目されない部分ですが、実際にはこれだけの差がつくこともあります。

キャラクターのパッシブを評価する際は、その発動タイミングも考慮に入れておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  • これあるから初期の力超悟空が強いんだよね
    気力メーターでの補正は使いやすい

    by 名も無きナメック星人 €2015年11月1日 8:18 AM

down

コメントする




挿入したい画像を選んでください(JPEGファイルじゃないとだめかも?)



sponsored link

カテゴリー